理念

メンテックには、会社の経営理念を尊重し、
自らの使命を理解し、常にお客様の「コンサルティング・パートナー」であることを目指す社員が集います。

メンテックでは経営理念を明確に定めることにより、社員ひとりひとりが同様の目標を持ち、そして、
その目標を目指して恊働していける企業文化を育んでいます。

『地球に優しい紙作りのコンサルティング・パートナー』として世界の製紙会社と共にリサイクル社会を実現します。

日本からアジア、そして世界へとメンテックの技術を広めていくことにより、『地球に優しい紙作りのコンサルティング・パートナー』として、顧客の課題解決を通じて環境保全に大きく貢献していける企業を目指します。

『メンテックの存在意義』

【Business Solution 〜革新的技術で製紙会社の生産性を上げる〜】

日本人が一人当たり消費する紙の量は、年間220Kg。メンテックのお客様である製紙会社は、この需要を支えるため、毎日7万トン以上の紙を生産しています。当社のソルーションは製紙工場の生産性を飛躍的に上げることができます。たとえば、当社の技術を採用したことで、A社の生産量は10%増加、1000万円分の当社薬品の購入は、2億円の利益増加をもたらしました。
これが、当社の技術が、世界中の製紙会社から求められていれる理由です。

【Social Responsibility 〜古紙リサイクル(循環型社会)を推進する〜】

メンテックが提供する3つの技術分野のうち、最も得意とするのが、古紙を使った段ボール製造の生産性を向上させる技術。国内産の段ボールの99%に、当社の技術が使われています。まさに、世界トップクラスの日本の古紙リサイクル技術を陰で支えている存在と言えるでしょう。
また、工場の生産性の上昇は、エネルギー消費の抑制、CO2の削減等の面でも、地球環境の保全にも繋がっています。

メンテックの経営理念を実現し、存在意義を継続させるため、メンテックの社員には次のようなスタンスが求められています。

『メンテックで働く基本スタンス』

顧客の課題を解決するのが自分の仕事である。

商品を開発、販売することは私たちの仕事のゴールではありません。 お客様の抱える課題を見つけ出し、共に解決策を考え、最適なソルーションを提供し続けることが、私たちの仕事です。

提案/開発の答えは現場にある。

実験器具の上でのみパフォーマンスを発揮する薬品・装置は役に立ちません。
自分たちの商品が、お客様にとって、本当に利益をもたらしているか。
答えはお客様の現場にしかありません。
営業職も開発職も、お客様を絶えず訪問し、声を聞くように求められています。

顧客・社内関係者と協働して課題を解決する。

当社の薬品・装置の開発は、お客様の協力なしには成り立ちません。
新しく提案した薬品が、充分な効果を発揮できず、失敗に終わることもあります。
それでも「また協力してあげよう」とお客様に言って頂くまでの信頼を当社は築いてきました。
また、お客様へのソルーションは、社員一人のみで考えるものではなく、職種や担当の枠を超えて、社員全員のノウハウを結集して生み出しています。

copyright©Maintech.co.,Ltd. Allrights Reserved.